スマホの修理に必要な道具とは?

自力で修理をするのが経済的

iPhoneの修理は正規店に依頼をすると数千円から数万円かかる事もある為、自力で修理をすると言う手段を選ぶ方も少なくありません。
実際に自力で修理を行っている人も多く、正規店に依頼をする10分の1程度の費用で済ませているケースもあります。
パーツや道具を準備して、交換の仕方を学んでおけば、初めての方でも行う事が出来るので事前準備をしっかりと行いましょう。
特にiPhoneはコンパクトに仕上げているのでネジ部分なども特殊な形状をしています。無理に自宅にある対応していないドライバーで開けようとするとネジ部分がダメになって開けられなくなる様な致命的なダメージを与えてしまいかねません。自力で修理を行う際には注意をしましょう。

修理に必要な工具とは

iPhoneの修理を自力で行う場合に必要になって来るのがドライバーです。
ドライバーと言ってもiPhoneのネジサイズに対応するドライバーで行わなければならないので、サイズに注意する必要があります。また、iPhoneでは星形の特徴的なネジを採用しているので星形ネジに対応したドライバーも用意しておく必要があります。自力で修理をする人が多い為、様々な場所で販売が行われているので特殊なドライバーではありますが、比較的、入手はしやすくなっています。
なお、分解した部品を素手で扱うのは危険な上、故障の原因にも繋がるのでピンセットなども用意をしておくのが良いでしょう。
全ての工具を揃えても数百円程度となっており、経済的なのでお得に修理を行いたい方も安心です。

iphoneの充電ができない時、まずは電源もしくはUSBポートが正しく接続されていること、機器が認識されていることをご確認ください。認識されていない場合、充電ケーブルの接触不良の恐れがあります。